電子タバコ 取扱方法

電子タバコの取扱方法

電子タバコをこれから購入しようと考えているのであれば、
基本的な取扱方法を予備知識として知っておくことが大切です。

 

まずはじめに充電器を使って、電子タバコの充電を行います。
充電が完了したら各パーツを取り付けます。

 

取り付けが済んだら本物のタバコを吸う動作をしてみましょう。
そしてこの動作は「吹かす」ことが大切です。

 

通常であれば赤いランプが点灯しますから、チェックしましょう。

 

この後はまた本物のタバコと同様に、擬似煙を吐き出す動作をします。
電子タバコは擬似煙が口の中に溜まって、フレーバーを感じられることが特徴です。

 

ちなみに、なぜ「吹かす」のが大切なのかと言うと、
肺に入れてしまうと擬似煙を
スムーズに吐き出すことができなくなるからです。

 

擬似煙を吐き出せば電源はオフになります。

 

また、カートリッジを交換する方法はシンプルで、
カートリッジを引き抜いて、新しいカートリッジを取り付ける。
これだけです。

 

充電方法についてはバッテリーを取り外し、
充電器に接続するだけの簡単なものです。

 

赤いランプが光ることによって
充電がされているかどうか確認することができます。

 

赤いランプが違う色になったり、点滅したりすると充電が完了したという合図です。

 

取り外したバッテリーを噴霧器に取り付ければ
使用することができるようになります。

 

ちなみに、充電が完了するまでの時間ですが、
数時間かかると覚えておくと良いでしょう。

 

また、これらはあくまでも基本的な取扱方法なので、
詳細は各商品のマニュアルで確認しましょう。

 

正しい取扱方法を守り、電子タバコを楽しんでください。