電子タバコ 概要

電子タバコの概要

電子タバコは電気の力で
水蒸気を発生させる吸引機です。

 

メディアで取り上げられることで注目が集まりましたが、
日本が元祖というわけでありません。

 

登場したのは2000年を過ぎてからで、
電子タバコは海外ではじめに開発されました。

 

電子タバコはニコチンを含まないというのが前提として思われがちですが、
ニコチンを含んでいる電子タバコも販売されています。

 

ちなみにこれは法律との兼ね合いを考えると気を付けないといけないので、
手に入れたい場合にはあらかじめ情報収集をしっかりしましょう。

 

というのも、日本国内で電子タバコを販売すれば、
薬事法に触れてしまうことになるのです。

 

正確に言えば、手に入れることは容易なのですが、
入手先や輸入量に制限がありますので、
しっかりと確認しておく必要があります。

 

また、基本的に日本国内の業者が取り扱っている
電子タバコにはニコチンが含まれておりません。

 

誰でも手軽にタバコを吸っている気分を味わえるものとして
人気が高まっていて、男性だけでなく女性の愛用者も結構多いです。

 

電子タバコには様々なタイプの物が販売されています。
また、フレーバーを楽しめる物もあります。

 

そのため、これまでタバコを吸わなかった層を
取り入れられるようになることが魅力的であると言えるでしょう。

 

しかし、逆にそれが本物のタバコを吸うキッカケになる可能性がある
という声が多数挙がっているのも事実です。

 

確かに一度も吸ったことがない人が吸ったら
キッカケになる可能性は十分にあり得ますよね。