電子タバコ 構造

電子タバコの構造

電子タバコはどのようなパーツから作られているのでしょうか。

 

構造にもタイプが分けられていますので、
電子タバコの特徴を知って、購入する際の参考にしてください。

 

電子タバコの基本としてはバッテリー、アトマイザー、
カートリッジ、吸い口の4パーツで構成されています。

 

吸い口についての詳しい説明はありません。
文字通りこのパーツから吸うということです。

 

バッテリーについては、タバコの葉の部分に該当します。

 

LEDライトが先端に付いていて、電子タバコを吸うと光ります。

 

アトマイザーは噴霧器と呼ばれるパーツで、
カートリッジの中にある液体を電気の力を使って熱し、水蒸気をつくり出します。

 

この仕組みが本物のタバコかのように見せる
最大のポイントとなるでしょう。

 

カートリッジについては、タバコのフィルター部分に当たります。

 

アトマイザーについての解説で触れた通り、この中には液体が入っていて、
物によって色々なフレーバーが楽しめるというわけです。

 

他には充電器や電源アダプタがありますが、
これは電子タバコの充電をする際に用いる物です。

 

この様に、色々なパーツによって構成されている電子タバコ。
購入したらマニュアルをちゃんと確認してから使用してください。

 

火を使いませんが、アトマイザーは熱するという役目を担うわけですから、
火傷をしないように気を付けなくてはいけません。

 

マニュアルを読むことは間違った方法で
トラブルを引き起こさないためにも大切なことです。