電子タバコとタバコ 比較

電子タバコとタバコの比較

電子タバコとタバコにはどんな違いがあるのでしょうか。
特に喫煙家の方にとって気になるところだと思います。

 

また、嫌煙家であっても電子タバコに
興味をお持ちの方もいると思います。

 

購入をするための判断材料として、
電子タバコとタバコの違いを把握しておくとことが大切です。

 

まずひとつめはタールやニコチンが含有されているかどうかということです。

 

タバコの場合には含有されていますが、
発がん性物質ということもあり、健康にはもちろん良いとは言えません。

 

反対に電子タバコの場合には基本的に、タールやニコチンは含有していません。
健康のことを考えれば、電子タバコが断然お勧めなのです。

 

次に挙げられる違いは火の取り扱いについてです。

 

タバコは火を使いますが、電子タバコは使用しません。

 

タバコの場合には、寝タバコによる火事の危険性がありますが、
電子タバコにはこのような心配はございません。

 

そして経済性です。

 

それぞれの吸う本数によって違いはありますが、
長い目で見れば電子タバコの方がお得です。

 

タールやニコチンが含まれておらず、煙を発生させないこともあり、
電子タバコは周囲にも迷惑を掛けることがありません。

 

ヤニで室内が汚れてしまう心配をする必要もなく、
ニオイが気になることもありません。

 

また、電子タバコは種類によって
様々な味を楽しめるというところも、タバコは違う部分です。

 

自分にとっても周囲にとっても害になるのがタバコですが、
電子タバコは自分にとっても周囲にとっても害が無いと言えます。