電子タバコ 禁煙効果

電子タバコの禁煙効果

電子タバコの魅力として、禁煙効果が挙げられますが、
実際のところ、どうなのでしょうか。

 

結論から言えば、過度の期待を寄せないというのが現実的です。

 

特に、医療的に何か特別な作用があるかもしれない
という期待を寄せている人には、かなりの注意が必要です。

 

電子タバコは実際に煙が発生したり、
形状が本物のタバコに似ていることもあって、
心理的には違和感がありません。

 

しかし、喫煙家が電子タバコで禁煙をすることは、
飴やガムで誤魔化しているのとほとんど変わりがありません。

 

あえて言うなら、吸っているというタバコと同じような動作をしていることくらいです。

 

そもそも依存度が高い場合、まずはニコチンの含有量が
少ないタバコに変えることが先決だと思われます。

 

いきなりニコチンが含まれていない電子タバコに切り替えると、
禁断症状の辛さに苦しめられるということが、
目に見えるくらい、しんどくなることは間違いありません。

 

ただ、依存度が低い方にとっては
禁煙効果が望めるかもしれません。

 

ニコチン含有量が低いタバコを吸っているという方にとっては、
違和感がなく、禁煙効果を望める可能性が高いです。

 

そうは言っても、やはり自ら禁煙をするということには、
固い意志が必要であるということに変わりありません。

 

もっとも、電子タバコを用いて禁煙にチャレンジすることは
決して悪いことではありません。

 

チャレンジした結果、挫折してしまった場合には、
禁煙外来で治療をしていくことも検討すると良いでしょう。