従来型・最新型 電子タバコ

従来型・最新型の電子タバコ

電子タバコは紙巻タバコ型やペン型、
葉巻型といった分類方法や、
カラーバリエーションやデザインによって分類することができます。

 

また、他にも電子タバコは従来型と最新型によって
分類するという考え方もあります。

 

それぞれがどのような特徴があるのか、
ここでしっかりと把握しましょう。

 

まずは従来型の電子タバコは、3ピース式と呼ばれています。

 

3ピース式の電子タバコの特徴は、カートリッジと噴霧器、
バッテリーが一体型になっているところが特徴です。

 

そして最新型の電子タバコは、2ピース式と呼ばれているのです。
特徴としてはカートリッジと噴霧器が一体となっているところ。

 

では、従来型と最新型の電子タバコには
どのような違いがあるのかを見ていきましょう。

 

まず比較の対象となるのは、カートリッジの価格の違いです。

 

これは従来型の方が価格が安く、
最新型は価格が高いということです。

 

しかし、最新型は寿命が長いということもあり、
長い目で見れば、最新型の方が安くなる場合もあって、
一概、従来型の方が安いとは言えません。

 

次に擬似煙の量です。

 

これは最新型の方が明らかに多いです。

 

そしてメンテナンスです。

 

これは最新型のカートリッジと噴霧器が一体型のため、
これと言って、お手入れをする必要はありません。

 

交換をするだけと手間が掛からないため従来型より
お手軽に電子タバコが使えると言ってよいでしょう。

 

このようにトータル的に見てみると、
最新型の方が優れていると言えるでしょう。

 

これから、電子タバコを購入するのであれば、
最新型の購入をお勧めいたします。